安心して稼げるピンサロ求人

風俗の業界と単に考えても実際は幅広く細かな違いがあります。ジャンルによってもお仕事の内容が変わってくるものですが、花形ジャンルとしてはデリヘルが主流となってきているでしょう。しかし、デリヘルも派遣型という現代型のファッションヘルスであるだけで、古くからある店舗型ヘルスとは余り違いはないでしょう。働き手の女性からすると、逆に派遣型の密室で何があるか分からないと不安になることもあるかもしれません。さすがにお仕事にある程度の覚悟を持って臨んでいなければ勇気がいるものですし、内情は見えてこないものです。今では風俗ジャンルの中でも格下げされた位置に感じられるピンクサロンなどは、小汚いスペースで年齢も高めの女性が風俗業を続けているイメージがあるでしょう。しかし、今ではそのイメージが払拭されつつあります。風俗の求人をみるとピンサロ店は決して安い価格ではないのです。「えっ、ピンサロでしょ!?」と思ってしまいますよね。確かに一部のエリアでは、人妻や熟女といったカテゴリーで格安なピンサロが人気の場合もあるでしょう。ですが、本来は女性も若く美人で値段もつりあってもいいはずなのです。もちろん、店舗スペースやお店のジャンルで風俗業としてのサービスの幅は限定されるものがあるかもしれませんが、本来はそのくらいの違いしかないものなのです。ですから、サービスと料金が少しレベルダウンした風俗と捉えられがちです。逆に考えると、派遣型の風俗は派遣するための+αの料金がかかってきてしまうでしょう。もしも、ピンサロとデリヘルを共に利用して同じサービスだけをしてもらって比較すると、実際には1.5~2倍ほどの料金差がでてしまうものなのです。なんとなくイメージも沸いてくるものがあるかと思いますが、現実的にお店が得られる収益の利率だけで考えるとピンサロの方が圧倒的に良いのです。また、派遣型と違い店舗型ヘルスの場合はステージスケジュールが組まれています。つまり、働き手の女性からすると指名がなくても勤務しているだけでお給料が得られます。2~3回転するものですので、明らかに労働を求められる状況が多いのです。ですから、働き手目線で考えると同じ歩合制であっても、3倍ほどの差が生まれる可能性があるのです。求人情報などによく書かれている月収100万というのも派遣型では怪しいものですが、ピンサロ店の場合はかなり現実的な数字です。体調面などの都合もあるかもしれませんが、頑張れば頑張るほど(出勤すれば良いということ)目に見えてお給料が増えてしまうものなのです。もちろん、お店の繁盛具合は大事です。お店の賃料等はかかるものですが、お店は簡単にペイできるだけの集客も見込めるでしょう。実際にはコンスタントに稼ぐことが出来てしまう人気のジャンルと言えるのです。